経営に強く技術で負けないひとづくり それがNIIGATA MOT
研究科紹介 これが新潟大学MOT 教育プログラム/養成する人材 教育科目/講義概要 FAQ 履修モデル 学生データ イベント/セミナー 教員紹介 地域連携事業 受講生の声 入試情報 入試科目 授業料 MOTについて 本研究科の特徴 学生生活について 入試・入学について
新潟大学MOTは、経営と技術の観点から問題解決を目指す、社会人を対象とした大学院です。
本研究科の受験資格について
重要なお知らせ 
 
新潟大学大学院技術経営研究科(MOT)は、平成29年度以降の学生募集を停止する
ことにいたしました。(H28年4月入学の今年度入試は予定通り行なわれます。)

>>下記詳細資料(PDF)をご覧下さい。

update 2015.10.22
平成28年度募集版の『研究科案内』ができました。

研究科概要、教育プログラムの特徴、学生データ等が掲載された全16ページ。
現在、研究科HPには掲載されていない内容もございます。
update 2015.07.14
募集情報一覧へ
お問い合わせ

新潟の地場産業・経営に強い 実務家教員が、実践的に徹底的指導!

地域に根付く学問環境だからこそ見える視点を活かし、産業界や地域で活躍する教員の知識とスキルが、成果への道を切り拓きます。

学生の意思決定能力を高める 演習やケーススタディ教育多数

様々な授業スタイルを組み合わせることで、総合的な課題解決力を身につけます。
テクニカル・ビジッドでは、科目ごとの課題に合わせ、企業や現場の視察をします。現場でのヒアリングや議論をすることで、生きた教材として各自の課題設定能力とその処方箋策定能力を養う事ができます。

考え抜かれた3段階プログラムで構成される、実際の経営に効くカリキュラム

技術経営を学習する上での基幹となるコア・プログラムでは人材育成に必要な分野を網羅。技術経営の学習を展開・発展させた科目の発展プログラムでは、新潟地域産業の持続的発展を睨んだシーズ的要素の科目を配置しているのが特徴です。
PAGE UP
受講生の声 新潟大学MOTでの学びが新潟で、全国で、生かされています
豊かな教養、高い専門知識で活躍できる職業人になる!
「経営」と「技術」の専門家から学ぶメリットとは? 新潟の地域産業を再構築すべく、その原動力となる「技術」と「経営」 を統合的に把握・管理できる能力を培う教育を受け、高度技術管理者や高度経営管理者へとキャリアップできます。
経営品質を高めるための「学位」を取得
世界的に通用するMBAと並ぶ学位(技術経営修士)を取得することは、これからのグローバル化時代にとって不可欠であり、優れた人材としての信用を高められます。
PAGE UP
受講スケジュール
技術と経営の両方を学ぶー技術系であっても経営系であっても、
職種や目指す職業人の種類に応じて選択できる科目の幅は広く、必要に応じた履修が可能です。
変化する時代を生き抜くため、技術と経営を繋ぐ勘所を、皆さんの知を結集して学習します。
受講スケジュール
PAGE UP
開港時間

仕事と学びを両立できる開講時間

講義は、平日夜(18:05〜21:15)と土曜(9:00〜16:30)に開講。集中的に学習をすることで教育効果が高まる科目に「クオーター制」を導入する等、効率的なスケジュール設定です。
開港時間

4年を限度に在籍可能

あらかじめ、通常の2年間で修了することが見込まれない場合、2年間分の授業料で、3年ないしは4年を限度で在籍ができる「長期履修制度」があります。
開港時間

時間と距離の問題をWeb講義や学内システムが解決

職場や自宅からでもネット環境があれば、リアルタイムで受講ができます。
講義や資料等の連絡は、大学内専用の情報システムによって配信されています。
開港時間

自由に使えるPC&プリンターなど

主要講義建物内2カ所に、院生専用の自習室があります。貸出用ノートパソコンやプリンターは自由に使え、液晶プロジェクターやホワイボードも完備しているので、グループ演習に最適!
このほかにもまだまだある!サポート制度
4つのサポート以外にも、履修や学習の相談は、入学時から指導教員と副指導教員による指導体制のもと、きめ細かな履修や教育の指導を行いながら、学習と仕事の両立を修了までサポートしています。
PAGE UP