VwMOT vO/{l /u`Tv FAQ Cf wf[^ Cxg/Z~i[ nAgu MOT { wEw

学外での取り組みと研究

新潟大学MOTは、主に新潟の地場産業と積極的に関わり、
社会貢献としての活動を行なっています。

最新の取り組み・研究
小千谷市の企業様でケーススタディを実施(マーケティング供 H27/5/25
関連教員 長尾 雅信
丸魚魚沼水産様でのプレゼンの様子
学生より提言書を提出
(概要)
 『平成24年度に長尾准教授が実施した小千谷市での企業ケーススタディ(蠡莪貘範製作所、阿部幸製菓蝓砲亡愎瓦鬚持ち頂いた企業(株式会社丸魚魚沼水産)より、ケーススタディにご協力を頂いた。参加学生はMOTで学んだフレームワークと調査方法をもって企業を分析し、その戦略の方途について提言を行った。
 
<プレゼンテーションの概要>
■(株)丸魚魚沼水産:2015年5月25日訪問
 当該企業の食品加工場で排出される食品加工残渣の活用について、分析報告と今後の取り組みの提言を行った。当該企業の事業領域である卸売市場業は、市場が縮小傾向にあり、厳しい事業環境にある。そこにおいて、事業を営むアイディアは「食品加工残渣の活用」に加えて、「小千谷地域で支持されるために企業の存在感をいかに作り上げることができるのか」という点についても勘案された。本報告では、計4回重ねたミーティングと1回の加工場見学、途中実施された中間報告会の内容を振り返り、食品加工残渣の活用を(1)から(3)のように整理した。
(1) 食品加工残渣の活用を行うにあたり技術的な視点や加工場での製造プロセスなど踏まえ、実現に至る課題を整理。
(2) 食品加工残渣の商品化について、社会的問題の解決を視野に入れて提案。
(3) 企業のアイデンティティ形成や地域ブランドの向上にむけて、小千谷市の自然資産である山本山と桜の植樹活動を組み合わせたブランディングの概略を提示。

数度のミーティングを通じて提供されたアイディアを基に、当該企業においてはすでに食品加工残渣活用の実証実験が行われている。田村敦之常務からは「マネジメントに対する気づきがもたらされた」という感想も頂き、分析を活用した技術経営、ブランド戦略の精緻化に期待がもたれる。本ケーススタディは終了したものの、参加した学生は引き続き当該企業のプロジェクトに関与する予定である。

<参加した学生の感想>
 Aさん
技術経営(専門職大学院)の学びのなかで最も面白いことには、それぞれ就業背景の異なる仲間とともに、お互いの考えを率直に交わすことが出来ることにあると感じています。そして、その授業のなかでもこの企業ケーススタディは実務に最も近い、貴重な機会であったと思います。企業と大学の産学連携部門、そして授業のマッチングが出来てこその、この学びの場に出会えたことはとても幸運なことでした。
企業経営者の視点や実務改善での目の付けどころ、そして理論的分析など、最終的な提案に至るまでの議論は、私にとってとても得難い学びとなりました。自身の就業経験のなかでは事業計画のごくごく一部を作成する経験はあっても、トップマネジメントの視点でマーケティングや戦略などを考えることはありませんでした。それゆえ、この企業ケーススタディでは、授業で学んだ理論をどのように活かすのか、私は教科書的で、凝り固まった考えでいました。しかし、すぐに考え方の筋が違うことに気づかされました。ともにこの企業ケーススタディに関わる仲間との議論は多様でした。感覚的とも思えるけれども実務的な視点での提案があり、また一方ではアカデミックなアプローチの提案がありました。まさに実現性を見据えた実務的な考えと、学問的な考えとの相対する考えがぶつかる議論でもありました。理論的な分析と実際的なオペレーションとを行きつ戻りつ、展開される議論に何とかしがみつくような状況でありました。
そのような熱のこもる議論を行いつつも、提案過程においては企業様の工場現場を見学させていただき、聞き取りを行い、我々が提案するコンセプトをまとめあげ、最後にはプレゼンテーションや報告書にまとめさせていただきました。
本企業ケーススタディでは、マーケティングコンセプトの提案が目標ではありましたが、生産工程の改善など実務に踏み込んだ議論もあり、その実、授業で学んだ理論と実務との間に身を置けたことは、自身にとって得難い、充実した学びとなったことは間違いありません。

Bさん
このたびMOT授業マーケティング兇砲いて、小千谷市の企業である株式会社丸魚魚沼水産と貴重なケーススタディの経験をさせていただきました。
同社の抱える課題をいかにして企業ブランド戦略に結びつけるか、小さな取組から始めてその発展形を描きながら企業や地域へと貢献させることを提案するために、様々な議論や多くの調査が必要だと感じながら進めてきました。
限られた時間の中でケーススタディのメンバーが自らのアイディアを出し、考え方を共有しあえたことは今後の学習や研究にとってもとても有意義であったと思っております。このようなケーススタディによる活動は、三現主義(現場・現物・現実)に基づくMOT授業の最大の特長のひとつであり、積極的に活用し関わっていくことでより新しいヒントが見いだせるものと思っています。
[備考]
<今回ご協力を頂いた小千谷市企業様のご紹介>
丸魚魚沼水産(本社 新潟県小千谷市大字桜町字天田5319-2)株式会社 丸魚 魚沼水産、株式会社 魚晃、マルウオ食品株式会社の3社で構成され、小千谷を拠点に、新潟支店や加工場を展開している。世界中から調達された魚を、鮮魚、冷凍魚、塩干魚の形で市場での提供をするだけでなく、株式会社魚晃ではこれを職人技をもって加工し、切り身、味噌漬け、粕漬け、さらに惣菜品にまで価値を高め、皆様に「健康的な食」を提供する役目を担っている。
UPDATE 2015.06.02
「小千谷の魅力を考えよう」基調講演(主催 小千谷市) H25/03/09(土)
関連教員 長尾 雅信
まちづくり講座チラシ(PDF971KB)
(概要)
■日時/3月9日(土曜日)午後1時15分〜
■会場/市民学習センター「楽集館」3階ホール
■定員/100人程度(先着順)
■入場無料

千谷市のまちづくり、地域活性化のきっかけづくりのためにまちづくり講座を開催します。
この講座では、新潟大学准教授を講師に招いた基調講演や、現在市内の様々なフィールドでまちづくりに携わる方から参加いただくパネルディスカッションなど、小千谷市の魅力を地域資産と感じている方々からその熱意、思いを伝えていただきます。この機会に小千谷市のまちづくりについて、考えてみませんか。


◆第一部 地域ブランディング・プロジェクト

・新潟大学経済学部学生による研究報告

◆第二部 基調講演

・講師/長尾雅信さん(新潟大学准教授)
・題目/地域ブランド化による地域活性化

◆第三部 パネルディスカッション

・コーディネーター/長尾 雅信 (新潟大学大学院技術経営研究科准教授)

・パネラー/
谷井靖夫小千谷市長
宮山悟さん(社団法人 小千谷青年会議所)
細金剛さん(わかとち未来会議 代表)
新谷梨恵子さん(有限会社 農園ビギン 専務取締役)

<連絡先>
企画政策課まちづくり推進室
新潟県小千谷市城内2丁目7番5号
電話番号: 0258-83-3507(平日 午前8時30分〜午後5時15分)
ファックス番号: 0258-83-2789
plan@city.ojiya.niigata.jp
UPDATE 2013.02.08
佐渡産業創造塾「従業員のマネジメント」講演 H25/01/29(火)
関連教員 西口 隆
(概要)
主催:佐渡市役所 島づくり推進課

講演日時:平成25年1月29日(火)17時30分〜19時
「従業員のマネジメント」、意見交換

■佐渡産業創造塾について
 佐渡市の事業として「島の応援団」推進委員会が主催し、新潟大学地域共同研究センター(現、新潟大学産学地域連携推進機構)と恊働して島内企業人と大学の研究者の定期的な交流を創出することにより、佐渡地区全体で「研究・技術開発」の意識の醸成をはかり、産業振興に繋げることを目的として、昨年10月よりスタートしています。

お問い合わせ
新潟県佐渡市千種232 佐渡市役所 島づくり推進課
0259-63-3791
UPDATE 2013.02.01
『工場管理者養成コース』研修会講師 H25/01/28
高橋教授の研修会当日の様子
(概要)
日 時:H25/01/28 9時20分 〜 12時20分
■テーマ「これからの製造業のあり方」
 製造業を取り巻く状況を改めて理解を深め、これからの製造業のあり方などについて学びます。

■ 工場管理者養成コース(工場管理者研修)

この研修の狙い
工場全体の動きをとらえ、バランス良く管理・運営する能力をマスター
 工場管理者は、工場の管理・運営についての幅広い知識とその応用力を修得する必要があります。本コースでは演習や課題研究を交えた実践的な研修を通じて、顧客の求める品質(Q)、原価(C)、納期(D)を満たすための効率的な工場管理とその運営ポイントを理解し、実践力のある工場管理者を養成します。
UPDATE 2013.02.01
『グローバル化社会と日本企業』講演
H24/12/25(火)
当日の講演の様子
多くの方にご聴講頂きました
(概要)
(主催)新潟ロータリークラブ
期 日  平成24年12月25日(火)
会 場  ホテル・イタリア軒(新潟市中央区西堀通7番町)

講演と研究科紹介時間:13:00〜13:30
講演テーマ:「グローバル化社会と日本企業」

講演:特任教授 田中 亨
(本研究科「リスク・危機管理1」「国際競争戦略1、2」担当
元、ヤンマー(株)ブラジルヤンマー取締役社長、東京支社企画室常任参与。
H17年度、新潟大学国際センター教授、H22年度より新潟大学大学院技術経営研究科特任教授
UPDATE 2012.12.25
「地域デザイン学会」講演会司会 H24/12/1(土)
(概要)
講演テーマ
「地域の自立は可能か!―新潟の地域おこしからみるその可能性―」

○日 時
2012年12月1日(土)14:00〜16:30
 14:00〜14:50 基調講演 原田保(本学会会長)
 15:00〜16:30 特別講演 平山征夫氏(新潟国際情報大学学長 前新潟県知事)
※終了後、懇親会を行います(17:00〜18:30)

○会 場
新潟国際情報大学 新潟中央キャンパス9階講堂
(新潟市中央区上大川前通七番町1169)

○懇親会会場
懇親会カフェテリアYOU&I(講演会会場ビル1階)


共催 新潟国際情報大学

講 師
平山征夫氏(新潟国際情報大学学長 前新潟県知事)
講師プロフィール
昭和19年生まれ。横浜国立大学経済学部経済学科卒業。日本銀行新潟支店長、仙台支店長を経て平成4年新潟県知事に就任。平成16年に退任後、長岡技術科学大学特任教授。平成20年新潟国際情報大学長に就任し、現在に至る。著書に『私はこんな知事になりたかった』(朝日新聞出版発売、2009年)がある。
参加費(資料代等含む)


講演会500円
(但し、新潟大学MOT在学生、修了生は無料で参加頂けます。当日受付にてお申し出ください。)
懇親会3,000円(当日受付にてお支払いください)

○参加の事前申し込み
資料・会場準備の都合上,事前申し込みをお願い申し上げます。11月28日(水)17:00までに,事務局宛FAXまたはメールにてお申し込みください。その際,新潟分科会第1回講演会参加申し込みであることを明記し,氏名,ご所属,懇親会参加の有無およびE-mailアドレスをご連絡ください。

【申込先】
地域デザイン学会事務局
FAX  03-3813-4615
E-mail: info@zone-design.org
※事前申し込みがない場合でもご参加いただけます。当日受付にてお申し出ください。
UPDATE 2012.12.03
中小企業支援担当者等研修「地域をブランド化する視点」 H24/12/10(月)
関連教員 長尾 雅信
(概要)
主催:独立行政法人中小企業基盤整備機構
   中小企業大学校 三条校 

中小企業支援担当者等研修

■研修テーマ:能力強化研修

■研修の狙い:本研修は、中小企業支援協力機関職員等を対象として、地域産業の活性化を進めるために必要となる施策や各種制度の活用支援、併せて、新規創業者や創業予定者に対する支援、助言等の能力向上を図ることを目的とします

■対象者:中小企業支援担当者並びに中小企業支援協力機関の役員及び職員であって、中堅担当者又は職務経験5年以上の者

セミナー期間:平成24年12月3日(月)〜12月21日(金)

第6日  12月10日(月) 9:20〜12:20
地域をブランド化する視点

長尾雅信(新潟大学技術経営研究科、准教授)
 
地域ブランドとは何かを改めて認識し、資源をブランド化するまでの戦略について事例を交えながら習得するとともに、その中で支援担当者に求められる視点や役割について理解します。
・地域ブランドの定義
・ブランドの構築プロセス
・地域ブランドへの取組み事例


このセミナーに関するお問い合わせは下記まで。
中小機構 関東 
中小企業大学校 三条校
〒955-0025
新潟県三条市上野原570番地
電話:0256-38-0770(代表)
FAX:0256-38-0777
UPDATE 2012.11.15
「プロジェクトで人を動かすには」講演 H24/11/20(火)
関連教員 西口 隆
(概要)
新潟県電子機械工業会(NEIA)および長岡産業活性化協会(NAZE)と新潟大学との見学交流会プログラム

1 期 日 平成24年11月20日(火)13:15〜18:30
2 会 場 新潟大学ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー

3 内 容
1)挨拶・学部紹介 工学部長 坪川 紀夫 教授
2)産学地域連携推進機構紹介国際・社会連携・情報化推進担当副学長 西村 伸也 教授

講 演
13:30〜14:30 
「プロジェクトで人を動かすには」
大学院技術経営研究科 西口 隆 教授


「微粒子材料の構造設計と製造」
工学部 木村 勇雄 教授

14:40〜16:20
研究室見学
○ 木村 勇雄 研究室「微粒子材料の構造設計と製造」
○ 横山 誠 研究室「車両型ロボットの運動制御」
○ 三ツ井 敏明 研究室「高温耐性イネの開発」
○ 城 斗志夫・原 崇 研究室「食品機能研究への培養細胞評価系および発光ダイオードの利用」

16:40〜17:20 意見交換 座長:産学地域連携推進センター長 大坪 研一 教授

17:30〜18:30 交流会 <大学側出席者>
学部長、見学研究室教員、講演教員、産学地域連携推進機構教員、コーディネーターほか


■詳細・お申し込みはこちら 
UPDATE 2012.11.13
「JA戦略型中核人材育成研修」講師(主催 JA新潟中央会) H24/10/16〜H25/1/24(うち30日間)
関連教員 長尾 雅信
社内の様々な部門や事業を行う者が一緒に取り組む貴重な機会でもあります
経営的判断力をつけるケースメソッドをグループ行います
研修で学んだ成果を活かし、自社の経営者に対して、問題点や課題、そして具体策を発表します
(概要)
< JA戦略型中核人材育成研修 >

●期間:平成24年10月16日〜1月24日(うち30日間)
●場所:JA新潟教育センター(新潟市西蒲区巻甲12010)

●対象者
 新潟県内JA職員のうち、主に主任・係長クラス(20名程度)

●研修の大まかな内容
 経営学の基礎理論講義を行った後、科目の内容と連動したケースメソッドを行い、フレームワークの理解を深め、習得するとともに、経営者の視点で経営判断の疑似体験を行う。
 その後、研修で学んだ成果を自JAにどう活かせるか検討し、最終的に自JAの経営者に対して「自JAにおける問題点・課題とその解決策」をテーマとしてプレゼンテーションを行う。

●研修のねらい
 食と農への国民的な期待の高まり、組合員の高齢化や世代交代、担い手への施策の集中化など、めまぐるしい環境変化のもとで、組合員や国民の期待に応えていくには、JA改革の実践を担うリーダー職員の育成が喫緊の課題となっています。
 そのため、本研修では組合員の営農と暮らしを起点において、JA全体、各事業部門の事業戦略の企画立案・実行をマネジメントできる自律創造型の人材、さらには将来的にJAのトップマネジメント層としての活躍が期待できる人材の育成をねらいとしています。


■ 新潟県農業協同組合中央会
〒951-8116 
新潟市中央区東中通一番町189番地3(JA新潟ビル内)
025-230-2011(代表)

JA中央会とは(*JA新潟中央会HP掲載より抜粋)
 中央会とは、JA・連合会の健全な発展を図ることを目的に、農業協同組合法にもとづいて設立されたJAの指導機関です。JAとJA連合会を会員として、組織・事業・経営の指導、監査、教育などの事業を行うほか、行政庁へ建議(政策に対する意見の提出)を行う機能を持っており、きわめて公共性の強い非営利法人です。
 また、都道府県の中央会・連合会を会員とするJA全中(全国農業協同組合中央会)があります。
[備考]
*写真は、過去に実施した研修中の様子
(上・中)ケースメソッド
(下)  プレゼンテーション
UPDATE 2012.10.22
分野別セミナー「関係性に基づいたブランドづくり-脱価格競争の方向性−」 平成24年9月5日(水)14:00〜16:15
関連教員 長尾 雅信
マーケティングの基礎を分かり易く伝える長尾教授
多くの方にお越しいただきました。
「どれがブランド?」
(概要)
新潟大学産学地域連携推進センター
第81回 分野別セミナー

「関係性に基づいたブランドづくり-脱価格競争の方向性-」
 
講師:新潟大MOT 長尾雅信 准教授(本研究科「マーケティング」担当)
 
 価格競争が企業の体力を蝕んでいる。
そこから脱出するひとつの方策として、関係性マーケティングの実践がある。それを端的に言えば、顧客との関係を深め、その真のニーズを導き出しながら、市場から支持されるブランドをつくることとなる。
 講演では、マーケティングやブランドの在り方をふり返り、顧客との関係性に基づいたブランドづくりについて解説していく。


・日 時:平成24年9月5日(水) 14:00〜16:15
・会 場:新潟大学産学地域連携推進機構 VBL棟 1階
・参加費:無料

・お問い合わせ:産学地域連携推進センター事務 025-262-7344
 *分野別セミナーに関する詳細は、 こちらをご参照ください
UPDATE 2012.09.08
PAGE UP