VwMOT vO/{l /u`Tv FAQ Cf wf[^ Cxg/Z~i[ nAgu MOT { wEw

学外での取り組みと研究

新潟大学MOTは、主に新潟の地場産業と積極的に関わり、
社会貢献としての活動を行なっています。

最新の取り組み・研究
小千谷市企業ケーススタディの実施(「マーケティングl」)
H24/7/23、24
関連教員 長尾 雅信
第一測範製作所様でのプレゼンの様子
プレゼンテーションをご聴講頂いた社員の皆様
阿部幸製菓様でのプレゼンの様子
マーケティングの手法を組み合わた分析を報告した
(概要)
 『顧客価値を如何にして創造し、伝達するのか』長尾雅信准教授 (本研究科「マーケティングl,ll」担当)は、マーケティング講義の中でこのように説く。今回、新潟大学産学地域連携推進機構のコーディネートの下、小千谷市にある2つの企業様からケーススタディへのご協力を頂き、学生はこれまで授業で修得したマーケティング手法で企業を分析。導き出した戦略をその企業でのプレゼンテーションをするというプロジェクオを実施。期間は約3ケ月間、プロジェクト参加生は履修生のうち8名。4人づつで1チームになり、2度の企業訪問ヒアリングを通じて、分析や調査を実施。特に「STPマーケティング」*というフレームワークの手法を用いることが課題とされていた。今回のような実際の企業にご協力を頂いての実践的なケーススタディの取り組みは、本研究科にとっては初めての試みとなる。
 *「STP」マーケティングとは、効果的に市場を開拓するためのマーケティング手法。マーケティングの目的である、自社が誰に対してどのような価値を提供するのかを明確にするための要素、 「Segmentation(市場細分化)」「Targeting(参入するセグメント)」「Positioning(ポジショニング)」の3つの頭文字。
 
<プレゼンテーションの概要>
■(株)第一測範製作所:2012年7月23日訪問
 粒度ゲージ、主に分散性動検査装置(ADIM)に対する検討をテーマに選定。そこにSWOT分析を用いることで、製品や開発に全般に関わる強みと弱みを指摘をし、マーケティング情報とADIMの市場性の問題に焦点を絞り込んだ。さらにその問題を解決するための新しい販促戦略を提案。具体的には、市場への新たな付加価値の提案や顧客を得る為のチームづくりの必要性を説明した。プレゼンテーションの最後には、これまでの取り組みを元に、日本の製造業に対する考察を元に、競争社会で生き残る為の社内風土や構造の革新を示唆する形で締め括られた。

■ 阿部幸製菓株式会社:2012年7月24日訪問
 米菓業界の構造と現状把握に、Michael E.PorterのFive Forces を用いて分析をした。国内菓子市場と米菓市場の生産金額推移の比較、買い手やサプライヤーの交渉力の特徴などをあげた。中でも価格競争に拍車が掛かっている業界環境と、市場の革新性を妨げている点に注目し、そこからとるべき4つの戦略を提案した。またSTPマーケティングの検討を行った。ターゲティングは、男女・年代別による購買商品や貯蓄額のデータから35歳〜59歳の男性とし、さらに市場規模の概算を提示。製品の知覚価値式を用いた購買決定要因からポジショニングを検討。最後は、今後の消費シーンの拡大の必要性と共に、そこにおける課題や問題点も伝えた。


<企業様から頂いた声>
●(株)第一測範製作所様:「短い期間にも関わらず、充実した内容でした」と感想を頂いた。特に他社比較のデータを盛り込んだ部分の分析は、新商品を開発・販売していく上で、情報の裏付けが必要であることを実感するきっかけに繋がったとのこと。今後は、仕組み・サービス・開発にどうブレイクダウンをしていくかの検討をより進めていくという。なお、分析の観点として、技術的な部分でのアプローチがあればより良かったとのご意見もいただいた。

●阿部幸製菓様:企業様側でも既にマーケティングを行っていることもあり、年齢や男女による嗜好の相違等については、お互いの考えや視点を共感し合う形で質疑が行われた。プレゼンテーションの感想として「自分たちの視野には入っていない部分への指摘を頂いた」と。また、学生が纏め上げた報告書に対しては、「社内で行った調査と同じ結論に達していたことへの驚きと、ここまでロジカルに詰めたことが無かったので大変参考になった」と感想をいただいた。


<新潟大学産学地域連携推進機構 コーディネーターからの声> 
■産学連携の仕事をさせていただいて感じるのは、産学交流の場で、関係者が同じ方向を向くことの難しさです。MOT企業ケーススタディでは、企業から課題と情報を提供して戴いて、それを題材に学生がケーススタディしますが、そこでは、共に課題に取り組む一体感を自然に体験することができます。また、大学、異分野出身の学生から得られる意見は、企業側にも新たな「発見」と「学び」となるでしょう。今回のMOT企業ケーススタディを機会に、ぜひ他の企業にも「学びの場」を提供していただき、「発見」と「学び」を共に体験して戴きたいと思います。また、これがきっかけとなり、本学との共同研究などへと発展していくことを期待しております。(小千谷産官学連携コーディネータ 佐々木 教真)
  
■産学連携の目的の一つとして、大学と社会を繋げ、大学で得られた科学的知見を社会に提案し、社会は単にそれを利用するだけで無く、自ら適用、工夫、改善をこらし、その情報を大学にフィードバックすることで、大学の教育と研究のレベルを一層向上させるということがあります。特に、地域にある大学は、地域の発展に寄与することが強く求められており、この産学連携という活動や仕組みは極めて有効に作用すると考えます。従来、産学連携と言えば工学系や農学系の共同研究といった形態がほとんどです。今回の取り組みはMOTプログラムにあって、実際に企業の有する課題を対象としたフィールドワークは初めてでした。これをきっかけに、今後継続して「産学連携」を推進し、プログラムのさらなる発展と進化を是非とも期待いたします。(産学地域連携推進機構/准教授 小浦方 格)

<あとがき〜プレゼンを終えた学生の感想から〜>
 プレゼン直後、学生1人1人に感想を聞いたところ、「楽しかった」「興味深いものだった」と全員が口にした。異なる業界・業種を知る機会になり、勉強になったという。「自分の専門とは異なる部分は理解が難しいこともありましたが、企業の考えが掴めること自体は楽しいので、今後も他のMOT科目で実施してもいいと思います。」(1年/経営者)。 また、企業様を目の前に発表することで、いかに理解や納得を頂けるか、という点でも学びが多かったようだ。第一測範チームの一人は、「戦略のみならず、技術的観点からのアプローチをし、今後は更に良い提案をしたいと思いました。」と、今後の抱負を述べてくれた。
 今回のケーススタディは、実際の企業を分析する学びと共に、異なる専門を理解することや、いかに相手に理解をしてもらえるかという難しさも感じる取り組みのようだった。「果たして企業さま側に納得を頂くことが出来たか?」と、感じた学生もいたようだったが、まずは自分たちの思考プロセスを伝え、「共感」を得ることができたのも大きな成果だったのでは。地域にあるMOTとしても、実践的な学びの場としても大変有意義な取り組みだったと感じる。(文/MOT矢島)
[備考]
<B>今回ご協力を頂いた小千谷市企業様のご紹介(文/企業HP文抜粋)<B>
株式会社第一測範製作所 (本社:新潟県小千谷市大字坪野826-2)
事業内容はゲージ・計測機器及びボールねじの製造並びに販売。多品種・単品生産のニーズに応えることができる「お客様のための工場」として高い評価を得ている。ゲージづくりで得たノウハウはデジタル空気マイクロメーターや自動計測器、自動選別機などではエレクトロ技術と融合し、製品測定分野において測定の高速化を実現させるという大きな役割を果たした。また、高い技術力は精密ボールねじにも応用され、世界の半導体製造の現場において最先端技術を支える一翼を担っている。さらに独自のアイディアと精密加工技術から生まれた小径内径測定器や超精密割出台は、「第1回ものづくり大賞」を受賞。大学・産業技術総合研究所等官公庁との技術的・人的な交流に力を注ぎ、産学協同での研究を実施し、ニーズと交流から新技術の開発を実現されることにも積極的に取り組んでいる。
昭和19年創立。 従業員229名(H23時点)
製品紹介

阿部幸製菓株式会社(本社:新潟県小千谷市上ノ山4-8-16) 
 事業内容は主に米菓とスナック菓子の製造販売。日本初の柿の種となる「柿の実」を開発、製造。創業の早い段階から米国、欧州への輸出を開始し、タイ、中国での技術提携をし製造ラインの着手を積極的に進めた。「品質・健康・食文化・時代性を理解し、食生活の分野から新しい提案をする」という企業の使命のもと、 県内には4店舗の惣菜業、1店舗の定食店を経営。現在、米菓は主に業務用として製造、販売をし、今年2月には新商品「かきたねセブン」を発売し、長年変わらぬ品質と幅広い味付け技術を活かした商品展開も積極的に進めている。
昭和39年創立。現在社員数270名。
製品紹介
UPDATE 2012.07.27
企業における管理職の役割『従業員のマネジメント』講演 H24/5/11(金)
関連教員 西口 隆
(概要)
 新潟県長岡市にある企業の社内管理者研修にて、マネージメントに関する講演・演習講師を致しました。

 管理職社員の方を対象に、マネジャーの役割でもあり不可欠とされる力、「人をいかに活かし、育成するか」を学んで頂きました。講義後半は、参加者を4つのグループに分け、マネージメントにおける問題点やその解決策を討議し合い、動機付けのポイントや言動の重要性について理解を深めて頂きました。
[備考]
■ 西口教授が教えるR&Dマネジメントとは(講義概要より)
 『R&DマネジメントI』では,企業における技術の大切さ,技術者が果たすべき役割,技術者にとっての知的財産権問題,技術戦略と経営戦略の整合,新事業育成戦略,社会・技術トレンドと中長期開発計画,テーマの評価等について論じ,特に「仕事」「部下」のマネジメントの基礎について、実践事例をふんだんに取り上げながら,討論/ケーススタディを通じ,総じてR&Dマネジャーとして実務で実践できる能力を身につける。
 *講義シラバスをみる
UPDATE 2012.05.15
経営トップセミナー『人づくりと企業価値』講演 平成24年4月13日(金)9:30〜16:40
関連教員 西口 隆, 平松 庸一
(概要)
日 時:平成24年4月13日(金)
場 所:中小企業大学校 三条校(三条市上野原570)
講 師:西口隆 教授、平松庸一 准教授
受講料:15,000円

〜研修のねらい〜
 企業が持つ経営資源(人・物・金)のうち、最も重要なものは何か?経営者にとっては、非常に難しい選択と言えます。従来の企業価値といえば、時価総額などの市場評価であり、その結果、生産性や利益性の薄いコストパフォーマンスや、リストラなどで表面的な事業価値を保持せざるを得なかったといえます。しかし、顧客の需要や評価が多様化する今、企業の本質的価値が求められています。
 本研修では、差別性が高く、模倣性の低いブランド力、従業員の能力、技術力といった無形資産の重要性とともに、永遠の課題といえる「人」と「企業価値」の関係について、経営者として人的資源を如何に価値あるものとして、活用し企業を成長させていくことができるか、その本質を捉えていきたいと思います。

< スケジュール >
4月13日(金) 合計6時間(途中1時間の昼食休憩)

 ■ 9:30〜  オリエンテーション 

 ■ 9:40〜16:40  
 ○ 企業価値とは何か
  今求められている企業価値とは何か、また、今後求められる企業の在り方とは何か、自社の無形資源(技術・人材)を改めて棚卸し、自社の企業価値の方向性をたどります。
   ・自社技術(スキル・ノウハウ)、人材の棚卸
   ・自社分析(人材戦力分析等)

 ○ 人づくりにおける経営者の役割
  ビジネスの形態は、社会変革と技術改革の相乗効果で大きく変貌していきます。必要とされる技術も高度化し、必要な能力を持つ人材を常に組織として維持してくために、どのように人的資源を確保し運用していくか、開発と教育方法を考えていきます。
  ・人的資源開発
  ・教育と組織作り

○ 事例研究・まとめ
  人づくりから、企業価値を高めている企業を事例として取り上げ、ディスカッションなどを通して自社と比較研究を行います。

[備考]
<企画> 中小企業大学校 三条校 研修担当
       新潟大学MOTとは事業提携校です
〒955-0025 新潟県三条市上野原570番地
電話:0256-38-0773 FAX:0256-38-0777
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/sanjyo/
UPDATE 2012.04.17
十日町市産学官情報交換会にて研究科紹介講演 H24/3/28(水)
(概要)
十日町市産業振興課主催「十日町市産学官情報交換会」にて、
高橋直紀教授が本研究科の教育目的や特徴をご紹介致しました。



*本企画は、十日町市産業振興課と新潟大学研究支援部産学連携課の連携により事業展開されております。

開催日時:平成24年3月28日(水)13:00〜
13:05〜14:05:情報交換 
     ・新潟大学MOTについてのご紹介
     ・研究科のご紹介と連携事業について

14:30〜16:30:6大学出席の情報交換会
    ・出席者自己紹介
    ・各大学による産学官連携の取り組み事例の紹介
    ・参加者全員での意見交換会


この事業に関する詳細につきましては、
新潟大学産学地域連携推進機構まで
UPDATE 2012.04.11
ほんぽーとビジネス支援セミナー『職場で実践!リーダーシップ入門』講演 H24/3/24(土)
関連教員 西口 隆
(概要)
主 催 新潟市立中央図書館(ほんぽーと)

開催日時:平成24年3月24日(土) 午後2時〜午後4時(受付1時半)
場 所 :ほんぽーと中央図書館3階 研修室2
講 師 :西口 隆(本研究科長・R&Dマネジメント担当)
対 象 :一般市民30名
参加費 :無 料

■募集案内
 目的に向かって皆をまとめ、リードしていくのがリーダーの役目。リーダーシップは限られた人だけが必要なものではなく、中心となって仕事を進めて行くうえで誰もが必要とする能力です。「仕事を任される機会が増えた」「リーダーとして仕事をうまく進めたい」この講座では、仕事を成功に導くための、職場で役に立つリーダーシップについて学びます!

■当日の様子
 当日は50名近くの方々にご参加頂きました。『どんな組織にも必ずあるもの、それは「人材」であることを忘れないでください』という投げかけからセミナーが始まりました。配布資料に、熱心に書き込みをしたり、うなずきながら聞いていらっしゃる方が多く見受けられました。
 前半は、部下の人材・素質を活かす上で、人を見ることやコミュニケーションの重要性を具体的な話や事例を元に進められました。例えば、人は最初の印象に捉われるという心理的な観点も、画像がゲームのようにスライドに映し出され、私たちがもつ錯覚を実感し、「なるほど」と、思わず苦笑されている方も見受けられました。
 後半は、一人一人が上司となり、部下に関する問題解決や方策を考える「ケーススタディー」の時間がありました。発表時には前半の講演を元にして考えてくださった方や、自分なりの解決法を発言をされる方など、積極的に発表の手があがりました。講義の最後には、参加者が抱える実際の問題や講演内容への疑問を元に、西口教授が解決法やアドバイスを伝える双方向の受け応え、会場の雰囲気も和やかなものになりました。
[備考]
新潟市立中央図書館
http://www.niigatacitylib.jp/

■ビジネス支援サービス
 〜「しごと」のヒントは図書館から!〜
 中央図書館では、就職や日常的な仕事、転職や起業など、さまざまなビジネスシーンで役立つ知識や情報を収集・提供して、皆さんのビジネス活動を支援します。仕事上の調査やスキルアップのための学習などにぜひご活用ください。

>>ビジネス支援サービスのページ
http://www.niigatacitylib.jp/annai/business/business.html
UPDATE 2012.03.27
商工会経営セミナー『製造業における従業員マネジメント』講演 H23/11/25(金)
関連教員 西口 隆
(概要)
主催:分水商工会
場所:弥彦温泉 割烹の宿 櫻家

■講演テーマ
製造業における従業員マネジメント
 ちょっとした気づきで仕事の効率は向上する!

〜講演概要〜
 部下を通じて行うマネジメントが成功するヒントを、研究所時代の自身経験や、分かりやすいケーススタディをご紹介しながらお伝えしました。
 大切な事は、社員一人一人への理解。つまり、その人の人格や個性を分かろうとする姿勢や努力をすること。また、組織の中の人の理解。つまり、組織において、人はいかに行動をするかを知ることで、人がより効率的に活かされる環境づくりができるのです。
 また、自発的に興味をもって仕事に取り組ませるための「動機付け」については
、理論的な話だけではなく、ケーススタディを用いて話が進められました。マネジメントは、そのやり方次第で、仕事効率だけではなく、人や組織そのものを持続的に向上させていく、ダイナミックな役割を与えられているのです。
[備考]
こちらの講演内容や西口教授へのご質問は、MOT学務係までお問い合わせ下さい。
UPDATE 2011.11.28
新潟国際ビジネスメッセ2011「無針注射器」技術研究発表 H23/10/27
(概要)
 針無し注射器の技術研究を進める高橋直紀教授(「品質マネジメント」「情報マネジメント」担当)は、10月27日、28日に開催された新潟国際ビジネスメッセ2011にて、最新の研究成果やプロジェクト等への取り組みについてご紹介しました。

>技術詳細につきましては、高橋直紀教授までお問い合わせください

■新潟国際ビジネスメッセ2011
http://www.messe-niigata.jp/info/
会期 2011年10月27日(木)、18日(金) AM10:00〜17:00
会場 新潟市産業振興センター
 (新潟市中央区鐘木185-10 TEL 025-283-1100)
UPDATE 2011.11.15
『地域ブランド・マネジメント』地域主権時代における地域ブランド開発と実践法講演  2011/10/31(月)
関連教員 長尾 雅信
(概要)
地域ブランド・マネジメント」講演会(新潟会場)
〜地域主権時代における地域ブランド開発と実践法〜

主催:東北活性化研究センター
日時:10月31日(月) 13:30〜15:30
場所:朱鷺メッセ(新潟コンベンションセンター)2階 中会議室
   新潟市中央区万代島6-1 TEL.025-246-8400
   http://www.tokimesse.com/

■講師
 株式会社電通 中部支社 クリエーティブ・ソリューション局
         プランニングディレクター 若林 宏保 氏
 新潟大学大学院技術経営研究科 
                    長尾 雅信 准教授

【講演内容】
 ◎地域ブランドとは何か
 ◎地域ブランド開発ステップ
 ◎地域ブランドの測定手法
 ◎地域ブランドコンセプトの開発
 ◎地域ブランドコミュニケーション
 ◎ケースタディ

先着120名人
入場無料

【申込先】申込〆切:10月24日(月)
 東北活性化研究センター 地域・産業振興部
 chisan@kasseiken.jp FAX 022-225-0082
 ※申込タイトルを「地域ブランド・マネジメント講演会(新潟会場)申込み」とご記入下さい。
UPDATE 2011.10.31
産地ブランド戦略セミナー『産地ブランドの展開による販路開拓』 H23/7/25(月)
関連教員 長尾 雅信
(概要)
■基調講演 
「ライフスタイルにマッチした商品企画による販路開拓」
山中漆器連合協働組合常務理事(株)アイプラス 代表取締役 石橋 雅之 氏

■パネルディスカッション
「事例に見る工業製品の産地ブランド確立に向けた課題と販路開拓」
・パネラー
(株)アイプラス 代表取締役 石橋 雅之 氏
見附商工会 室長代理 坂井 敏昭 氏
加茂箪笥協同組合 理事長 茂野 克司 氏
新潟市漆器同業組合 組合長 佐藤 圭輔 氏
・コーディネーター 新潟大学大学院技術経営研究科
          (マーケティング担当) 長尾雅信 准教授

お問い合せ・申込先:新潟県産業労働観光部産業振興課地域産業係
UPDATE 2011.07.20
『幹部が取り組む製品開発の進め方〜失敗しない開発の秘訣はここにある!』 2011/6/14(火)〜16(木)
(概要)
・自社の技術力と機動性を活かす中小製造業の製品開発製造業を取り巻く環境を概観し、自社の培った高い技術力と中小企業らではの機動性を活かした製品開発のあり方について考えます。

・製品コンセプトと開発体制の明確化(自社課題演習)これまで学んだ製品開発の知識・技法を活かし、自社の製品コンセプト構築と開発体制づくりに講師からの個別指導を交えて取り組みます。

・セミナー詳細やお問い合せ/お申込先 中小企業大学校三条校
UPDATE 2011.07.19
PAGE UP