VwMOT vO/{l /u`Tv FAQ Cf wf[^ Cxg/Z~i[ nAgu MOT { wEw
コア・プログラム科目
企業会計 経営 戦略
マネジメント分野の基礎知識の一つとして、財務会計の入門事項を学し、財務諸表の概略を理解できるようにする。
経営戦略 I 経営 戦略
基本的知識と最新の理論を学びながら、実務で使える戦略を学ぶ。「成功する戦略を考える方法と失敗を予見し防ぐ戦略を考える」ことに焦点を置き、研究成果の問題や注目点を論及。経営の現実にある問題、課題発見に対する解決法や意識能力を養う。
経営戦略 II 経営 戦略
戦略論の最新の話題を討議し、理解を深める。高度成長期に生まれた「競争優位の源泉」となった日本型経営手法。だが、ライバルによる模倣や産業界競争の同次元化という「競争収斂」が起きている現在、企業野継続的成長の可能性やイノベーションを起こす戦略を考察する。
マーケティング I 経営 戦略
市場の成熟化は企業間の競争を激化させ、企業の収益構造を圧迫させている。成熟化した社会を前に、企業がその競争優位性を築き、保つためには従来にも増して顧客価値を意識することが求められる。本講義では「顧客価値の創造と伝達」に焦点を当てて学ぶ。
マーケティング II 経営 戦略
マーケティングにおける「顧客価値の伝達」を理解し、流通チャネル戦略、コミュニケーション戦略、関係性マーケティングなどのフレームを使える能力や考え方を養う。
経営組織 I 経営 組織
経営学では外部環境マネジメントが「経営戦略」であるのに対し、内部環境マネジメントの中心に位置する「経営組織論」。情報システムの発展により組織の境界が曖昧になりつつある実態を捉え、外部マネジメントや他の経営学との関連を理解し、基本や発展理論だけではなく実践的に学ぶ。
経営組織 II 経営 組織
企業における組織と人についての組織構造・動機付け・リーダーシップ・組織文化での伝統的問題と、企業統治・職場の多様性・人的資源管理等の諸問題を幅広く学ぶ。理論のみならず、統計学を利用した定量的調査方法や実証研究の方法も学ぶ。
人的資源管理 I 経営 組織
企業において発生している人的資源管理上の問題を探求し、どのような解決策が考えられるのかを具体例に基づいて学ぶ。更に、経営管理や行動科学等の諸理論や方法論を人的資源管理研究の観点から理解し、独力で研究ができる力を養う。
人的資源管理 II 経営 組織
人的資源管理の中核的機能である人材開発、人材評価、報酬の3つのサブ・システムと、多様性のマネジメントを学ぶ。いかなる人的資源管理の実践が組織パフォーマンスに貢献するのかを、戦略的人的資源管理の視点から実証的に深堀し、全員参加型のケース分析で実践的な可能性を習得。
経営管理と社会的責任 I 経営 倫理
本講義では、企業倫理、法令遵守、内部統制などの観点から、特に技術者として企業の経営管理にどのように関与すべきかを理解する事を目的としている。なお、授業は一方的な講義とするのではなく、ディスカッションや学生による発表を含むことにより、これらの観点について自ら考え、実践する力を養うことを目指す。
経営管理と社会的責任 II 経営 倫理
企業の社会的責任の中で、主に「攻めのCSR」と呼ばれる分野を中心に議論を行います。
リスク・危機管理 I 経営 倫理
本講義では、特に産業における事故及び災害を防止するため必要な、リスクアセスメント手法及び根本原因分析手法を理解すること及び組織におけるリスクマネジメントの体系についてISO31000の定義に基づき概要を把握することを目的としている。
リスク・危機管理 II 経営 倫理
インターネットの隠された脅威を解説し、実社会の生活・教育・組織に及ぼす影響を考察。学習する中でImprovementとInnovationの意味の再確認しベンチャー企業が育っていくための条件は何かを考え、Innovationを継続することがまさに日本を支え世界貢献する事の再確認をする。
ものづくり戦略 I 技術 生産
企業の組織としてのものづくり能力を、体系的に学ぶ。QCDF(Quality、Cost、Delivery、Flexibility)や開発リードタイム、購買管理の知識を身につけるための基礎的な考え方を養い、経営的視点からものづくりの役割を理解し、製品設計や生産合理化思考を身につける。
ものづくり戦略 II 技術 生産
ものづくりの代表であるある自動車製造について経営的視点から学ぶ。推論や仮説をたて、文献を探し、それを実証していく過程や能力も養う。
品質マネジメント 技術 生産
製品やサービスの品質を「設計段階」で高める重要性と検証について学ぶ。
情報マネジメント 技術 生産
IT経営に必要な最新の情報システムを知り、活用方法や自社に合う情報システムを学ぶ。
R&Dマネジメント I 技術 R&D
研究・技術開発プロセスとそれをマネジメントする方法論を修得。「仕事」や「部下」のマネジメント基礎を学び、R&Dマネジャーとして実務で実践できる力を。
R&Dマネジメント II 技術 R&D
『R&Dマネジメント?』で身につけた基本管理能力に関する見識に加え、主にプロジェクト・マネジメント手法を修得。PMBOK(各種プロジェクトのマネジメント知識の体系化)に従い、ケーススタディを取り上げながら、R&Dマネジメントのプロジェクト運営手法を修得する。
知的財産戦略 I  技術 知的財産
特許権を主とする知的財産権について初めて学ぶ方、基礎の復習をしたい方を対象に、知的財産の種類、保護対象、権利範囲、権利行使の態様、権利の制限、経営との関係、国際的な動き等々、基礎から解説。
知的財産戦略 II 技術 知的財産
企業活動に伴って必要となる知的財産に関係する問題への対応能力を身につける。
プロジェクト演習 I 総合 演習
産業分析・企業分析の基本的手法を習得する。
プロジェクト演習 II 総合 演習
2012年度からプロジェクト・レポートは「実務型」(ビジネスプラン)と「研究・調査型」(アカデミック)に大きく2種類に分類されている。
機ゼ駄碍拭Д咼献優好廛薀鵑鬚泙箸瓩襦
供ジΦ罅δ敢嵯拭Д▲デミックな方向をめざす。
 -A.研究タイプ:博士後期課程進学希望者に限定。
 -B.調査タイプ:MOTに関するテーマを選定、実証的作法による現状分析・提案を報告。
プロジェクト演習 III 総合 演習
2014年度/後期より開講
「実務型」(ビジネスプラン)に「研究・調査型」(アカデミック)が加えられ、研究型は、将来後期博士課程への進学希望者に限定します(研究論文が必要)。調査型はMOTに関するテーマを選定し,方法論を学習した上で現状分析を行い有意性のある実践的な提案を報告。
発展プログラム科目
ファイナンス I 経営 戦略
経営資源(人・もの・情報)を効率的に活用するための財務意思決定の考え方を学ぶ。
ファイナンス II 経営 戦略
企業経営を取り巻く日本経済の現状をマクロ(巨視的)に把握するための講義です。
国際競争戦略 I 経営 戦略
グローバル経営の論理と実践とを競争戦略論をベースに学ぶ。
国際競争戦略 II 経営 戦略
地域企業の直面する国際ビジネス環境での位置づけと戦略の基本方向を学ぶ。
サプライ・チェーン・マネジメント(SCM) 技術 生産
資材供給〜製造、出荷、販売までの「物の流れ」「情報の流れ」を計画、管理、調整するサプライ・チェーン・マネジメントの基本技術を理解し、効果的な生産を目指す。
新技術評価 技術 R&D
新技術開発の実例や問題解決を探り、県内企業の課題解決の突破口を探る。
農業技術と食料生産 新潟地域 新産業創出
日本の農業・食の安全問題を世界の食糧生産の中でどう位置づけるかにより、適切な農業技術を考える。
バイオマスと農林水産業 新潟地域 新産業創出
微生物・植物・動物の持つ能力を最大限に活用したバイオマス利用技術を知る。
技術連携戦略 新潟地域 新産業創出
連携におけるメリット・デメリットを知り、適切な連携方式を企画提案できる能力を修得する。
資源・エネルギー戦略 新潟地域 新産業創出
(発展セミナー)環境問題として現在、最も身近な課題となってきた地球温暖化問題を、今まで人類がどのように係わってきたかを具体的に理解する。また、今後これらにどのように対処していったらよいのかを具体的な技術を取り上げて評価、最終的には受講者が自分の職場で取組みに着手できるヒントを得る。
環境技術 新潟地域 新産業創出
(発展セミナー)温暖化ガス排出の現状と具体的施策を知り、炭酸ガス削減策を検討。
健康社会デザイン 総合 新産業創出
(発展セミナー)健康を取り巻く”地域”と”人”をテーマにし、温泉や食などの地域資源や人と地域との関わり方などをもとに健康社会のデザインを考えていく。
健康社会デザイン 総合 新産業創出
(発展セミナー)健康を取り巻く”地域”と”人”をテーマにし、温泉や食などの地域資源や人と地域との関わり方などをもとに健康社会のデザインを考えていく。
発展セミナー(総合経営) 経営 組織
現代経営学における重要事項やそれらに関する事例から総合的に経営学を学んでいきます。これによって、企業・組織における様々な事象を総合的判断することができるようにします。
発展セミナー(リサーチデザイン・ペーパーライティング)新規開講 技術 演習
研究における計画作成・進捗管理・報告書作成の手法を論じる。グループ単位で研究テーマを設定し、研究計画書・進捗管理・研究報告書作成する演習を行う。また、グループ発表を行い全員で議論する。
PAGE UP