VwMOT vO/{l /u`Tv FAQ Cf wf[^ Cxg/Z~i[ nAgu MOT { wEw
【コア・プログラム】
経営組織 II
後期 月6・月7 :物質生産棟・M751 単位2(選択)
 企業そのもの、そこにおける経営(マネジメント)を学び、理解する上で、組織の問題と人の問題を理解することは極めて重要である。企業は、単なる資本の固まりではなく、そこでは人が働き、しかも大勢の人が他の人々と「協働」をし、組織が形成されているからである。本講義では、企業における、組織と人について、その伝統的な問題、及び今日的な問題を学んでいきます。
 伝統的な問題としては、以下のようなことを学んでいきます。組織構造、モチベーション(動機付け)、リーダーシップ、組織文化、伝統的な日本的経営論(つまり、年功序列、終身雇用、企業別組合を核とする日本の経営)、労使関係、等の諸問題です。
 今日的な問題としては、以下のようなことを学んでいきます。コーポレートガバナンス(企業統治)、組織と人事の国際比較、職場における多様性(つまり、職場における性別、人種、年齢等の多様性)、成果主義の導入や非正社員(パート社員、派遣社員、請負社員等)の増加等にみられる日本的経営の変容、資源ベース理論に基づく人的資源管理(つまり、人的資本としての社員の管理とその経営戦略へのインパクトを重視する人的資源管理)等の諸問題です。

 講義のなかでは、経営学の理論だけでなく、実証研究の方法を学びます。とりわけ、統計学を利用した、定量的調査方法を学びます。また、いかに論文を書くかをも学びます。
 


■授業計画
 毎回、報告者を決めて、事前に予習した上で、講義のなかで報告をしてもらいます。指定した論文を事前に読んできて、もし理解できない点があれば、講義のなかで疑問や問題を解消します。また、単に質問するだけでなく、講義のなかでは自らの意見や問題意識をぶつけ合います。 

履修要件:経営組織?を習得済みであること。
PAGE UP