VwMOT vO/{l /u`Tv FAQ Cf wf[^ Cxg/Z~i[ nAgu MOT { wEw
【コア・プログラム】
知的財産戦略 II
後期 木5、木6 :物質生産棟・M161 単位2(選択)
基礎編である「知的財産戦略l」に対する応用編である。
知的財産を権利化する過程で必要となる中間手続や権利化後の権利の活用について検討する。具体的には主要な最高裁判決を資料として解説、グループ討議を行い、企業経営の現場における知的財産の活用について理解を深める。


■授業計画
 知的財産権を企業経営の現場において活用するためには、実例である判例の研究が不可欠であり、また判例の研究は極めて有益でもある。したがって、知的財産戦略?で習得した知識に基づいて、知財の理解と活用に重要な下記の判決例等について検討する。

<1講> 真正商品の並行輸入と商標権との関係
    パーカー事件
<2講> 真正商品の並行輸入と商標権との関係
    フレッドペリー事件
<3講> 並行輸入と特許権との関係
    BBSアルミホイール事件
<4講> 特許権侵害事件判決(文言侵害)
    ドリップバッグ事件
<5・6講> 特許権侵害事件判決(均等侵害)
    ボールスプライン事件
<7講> 特許権侵害事件判決
    切餅事件
<8講> 特許権侵害事件判決
    中空ゴルフクラブヘッド事件
<9講> 特許権侵害事件判決
    キャノンインクタンク事件 
<10講> 審決取消事件判決
    エプソンインクタンク事件 
<11講> 不正競争防止法に関する最高裁判決
    スナックシャネル事件
<12講> 著作権侵害事件の最高裁判決
    テレビゲーム事件(中古ソフトと頒布権)
<13講> クラブキャッツアイ事件の最高裁判決
    まねきTV事件・ロクラク?事件
<14講> 特許無効の抗弁についての最高裁判決
    キルビー特許事件
<15講> 最終到達度の確認
    課題に対するレポート提出 
(注)上記は予定であり、受講者の希望等により変更することもある。


2009.07.23 実施
知的財産高等裁判所、特許庁
知財高裁と特許庁の役割を理解するため、実地見学を行った。
PAGE UP