VwMOT vO/{l /u`Tv FAQ Cf wf[^ Cxg/Z~i[ nAgu MOT { wEw
【コア・プログラム】
リスク・危機管理 II
後期 土2、土3、土4 :物質生産棟・M161 単位2(選択)
リスク・危機管理 II
 米国が開発したインターネット技術、その根幹を担う暗号技術、確かに利便性を発揮し社会に貢献している事は否定できない。インターネットの普及当初はその利便性から「いつでも・どこでも・誰でも」をうたい文句にビジネスを構築して来た。インターネットの技術者或いはインターネットをビジネスとする企業はこぞってその優位性のみを語ってきた。しかし余りにも手軽に情報を蓄積・配信・検索が可能になり、かつ世界中の機器がインターネットに接続された結果、さまざまな矛盾と脅威が表面かされてきた。
 本講義ではその隠された「インターネットの脅威」に関して交差する。
 また、日本において1980年代まで継続したの高度経済成長期とその後の失われた20年は何故発生したのか、情報セキュリティーの研究、新しい技術を研究しその技術を世に問う中で見えてきた問題点を解説します。

 学習する中でImprovementとInnovationの意味の再確認しベンチャー企業が育っていくための条件は何かを考えInnovationを継続することがまさに日本を支え世界貢献する事を再確認します。


■科目の狙い
インターネットの隠された脅威を解説し、実社会の生活・教育・組織に及ぼす影響を考察します。
 学習する中でImprovementとInnovationの意味の再確認しベンチャー企業が育っていくための条件は何かを考えInnovationを継続することがまさに日本を支え世界貢献する事を再確認します。
 また、日本において1980年代まで継続したの高度経済成長期とその後の失われた20年は何故発生したのか、情報セキュリティーの研究、新しい技術を研究しその技術を世に問う中で見えてきた問題点を解説します。

■授業計画
・情報セキュリティーの歴史と研究内容を紹介
・サイバーテロの恐ろしさと中国・世界の最近の動向
・生活インフラの脅威と知的財産(文化)に対する価値観の喪失
・失われていく生の人間関係と人間の尊厳の重要性
・何故日本はベンチャーが育たないか
 1、教育現場におけるインターネットの使用方法
 2、インターネットの技術の本流
 3、規則・選択と集中は創意工夫を育むか
 4、日本の環境・・・行政のITシステム
 5、日本の環境・・・電子部品
 6、日本の環境・・・デシジョンメーキングの遅さ
 7、InnovationとImprovement
 8、日本人の危機意識
 9、日本におけるベンチャー育成とは
 10、教育の重要性・・・判断できる力の育成・人間力
・まとめ

2009.12.05 実施
日東アリマン株式会社(新発田市)
工場を訪問し、リスク調査・分析・評価・対策案の作成。
PAGE UP