VwMOT vO/{l /u`Tv FAQ Cf wf[^ Cxg/Z~i[ nAgu MOT { wEw
【発展プログラム】
サプライ・チェーン・マネジメント(SCM)
前期 土2・土3・土4 :物質生産棟・M161 単位2(選択)
 効果的なサプライ・チェーン・マネジメントを実現するために必要な技術、方法、ツールについて、事例を交えながらディスカッションする。

 近年のビジネス環境での顧客ニーズの多様化,製品ライフサイクルの短期化 ,需要変動の激化に対応していくためには,従来のような見込み生産を中心とした固定的な運営では,無駄な在庫を積み上げたり,頻繁に欠品を生じて機会損失を生じる結果になります。
 そこで市場の需要変動に追従し,部品・材料の供給から,製造,出荷,販売までの一連のものの流れ,情報の流れを計画,管理,調整するサプライ・チェーン・マネジメントの基本技術を理解し、活用についての考察を深めることを狙いとします。
  

■授業計画
本講義では,以下のトピックスについて,基礎的事項の解説と事例を通したディスカッションを中心に,授業を進めます。

<1講>SCMの基本概念とその歴史。
<2講>生産計画の概要と重要性。
<3講>MRP(Manufacturing Resource Planning)の仕組みと応用、発展。
     課題出題1(MRPに関する演習)。
<4講>課題解答とディスカッション。
     在庫発生のメカニズム。
<5講>VMI概要、在庫適正化の取り組み。
<6講>線形計画を用いた生産計画最適化。
     課題出題2(線形計画に関する演習)。
<7講>課題解答とディスカッション。
<8講>生産スケジューリングの概要。
<9講>制約理論(TOC: Theory Of Constraints)のアプローチ。     
    課題出題3(生産スケジューリングに関する演習)。
<10講>課題解答とディスカッション。
<11、12講>SCM業務改革事例。
<13、14講>プレゼンテーション 。
<15講>最近の取り組み、まとめ。


PAGE UP