VwMOT vO/{l /u`Tv FAQ Cf wf[^ Cxg/Z~i[ nAgu MOT { wEw
【発展プログラム】
ファイナンス I
前期 月5・月6:物質生産棟 M751 単位2(選択)
 コーポレート・ファイナンス(企業財務)入門です.上場企業を念頭において,
経営資源(人・もの・情報)を効率的に活用するための,株主の視点からの財務意思決定の考え方(ルール)を学びます.

 みなさんがテキストを講義(解説)する輪読形式です.進め方は,(関連リンクにある)わたしの資料ノートを使っても構いませんが,追加資料を配布するなど,みなさんの工夫が求められます.
 1回の授業時間の前半は講義,後半は質疑応答の予定です.教員と学生が議論する「ハブ・アンド・スポーク」ではなく,学生同士の質疑応答(議論)を期待します.みなさんの準備が極めて重要です.学習負担の重い授業になることを覚悟してください.


■科目のねらい
 コーポレート・ファイナンスの基本的な考え方を習得することです.
割引キャッシュフロー(DCF),正味現在価値(NPV),資本資産評価モデル(CAPM),加重平均資本コスト(WACC)

■学習の到達目標
(1) コーポレート・ファイナンスの意思決定は「カネ」ではなく「もの」だということを理解することです.
(2) 経理部・財務部や銀行・証券会社など「カネ」に関係する人たちの話を大筋で理解できることです.
(3) アカウンティング(会計)とコーポレート・ファイナンス(財務)の相違を説明できることです.

■講義スケジュール
 1回にテキストを1章ずつ,みなさんが講義(解説)して進める予定です.
毎回の内容については関連リンク(暫定スケジュール)を見てください.


履修のための条件(注意)

(1) 企業会計の基礎知識,具体的に代表例をあげますと,財務諸表分析を理解できていることが前提条件です.
(2) 統計学の基礎知識,具体的に代表例をあげますと,単回帰分析を理解できていることが大変に望ましい前提条件です.
(3) ミクロ経済学の基礎知識,具体的に代表例をあげますと,消費者行動を理解できていることが望ましい前提条件です.
PAGE UP