VwMOT vO/{l /u`Tv FAQ Cf wf[^ Cxg/Z~i[ nAgu MOT { wEw

[専任]

咲川 孝
副研究科長/教授/博士(国際経営学)
咲川 孝 TAKASHI Sakikawa
 組織、人的資源管理と、QCD(品質、コスト、納期)との関連
 
 主な研究テーマは、仕事や組織の慣行(チームワーク、多能工の育成、現場教育等)がどのようなものであり、しかもそれらが職場や組織成果にどう関連があるかを調べる研究です。具体的には製造の作業現場である伝統的な製造ラインや、多能工的スキルやチームワークをベースとする「セル」という新しい 生産方式のもとにおいて、どのような仕事や組織の慣行が実施され、それらが製造成果である、品質、コスト、納期、つまりQCDといかに関連があるのかを理論的に実証的に調査しています。
 2つめが、雇用システム。例えば伝統的な終身雇用をベースとする「組織志向的 な」雇用システムや、外部市場の活用を重視する「市場志向的な」雇用システムにおいてどのような文化、組織文化が形成されているかの研究です。1つめのテーマとの関連で組織文化がどのような結果を生み出しているのかも研究しています。
研究室:人文社会科学系棟 C549室
青山学院大学大学院国際政治経済学研究科 博士課程修了(1996/03)
技術経営研究科 技術経営専攻 教授 (2011/11 - )
技術経営研究科 技術経営専攻 准教授 (2006/04 - 2011/10)
カリフォルニア大学ロスアンゼルス校(UCLA)アンダーソン経営大学院 客員研究員
 調査結果は、調査で協力を得る工場に対して調査論文としてフィードバックする予定であり、必要であればその工場に訪問してプレゼンテーションによって説明をする予定でいる。
これまで、内外の製造業の現場、その全体組織を対象にして、マネジメントや組織の研究をしてきました。いわゆる、大企業だけでなく、地元新潟の地場企業をも見学、調査することに大変興味があります。

新潟の地場企業(特に製造メー カー)が抱えている問題や課題、またそれらの企業成功例は、日本だけでなく海外にも共通するものだと思っています。
皆さんと、世界中の企業、新潟の地場企業を対象として、マネジメントや組織の研究を一緒にできればと思っています。

【論文】
  1. "組織における文化的多様性,及びその原因と結果", 咲川 孝, 日本経営学会・東北経営・会計研究会報告要旨, pp.1 - 10(2007)
  2. "セル生産における人的資源管理の調査戦略的人的資源管理研究の視点に依拠して", 咲川 孝, 経営行動研究年報, Vol.16, pp.1 - 5(2007)
  3. "郵便貯金事業における現場組織の現状と課題", 咲川 孝, 日本郵政公社信越支社・委託研究, pp.1 - 22(2007)
  4. "Work and Organization Practices and QCD Manufacturing Performance: Evidence from Assembly Lines and Cells at Japanese Electronics Makers", 咲川 孝, paper presented to Asian Management Roundtable at the annual meeting of the Academy of Management, pp.1 - 66(2007)
  5. "『組立セル及び組立ラインにおける作業・組織慣行の調査』調査結果の報告", 咲川 孝, 新潟大学大学院・技術経営研究科ワーキングペーパー, Vol.1, pp.1 - 69(2007)
  6. "電機組立セル及びラインにおける作業・組織慣行と製造成果", 咲川 孝, 2007年度・組織学会研究発表大会・報告要旨, pp.97 - 100(2007)
  7. "Managing Work Teams: Evidence from Japanese Cell Production", 咲川 孝, paper presented to Asian Management Roundtable at the annual meeting of the Academy of Management, pp.1 - 40(2006)
  8. "HRM Practices for Japanese Cell Production", 咲川 孝, 新潟大学・経済学年報, Vol.30, pp.1 - 29(2006)
  9. "セル生産における人的資源管理", 咲川 孝, 新潟大学経済学部ワーキングペーパー, Vol.61, pp.1 - 46(2006)
  1. "HRM Practices and Performance in Cell Production at Japanese Manufacturers", 咲川 孝, 新潟大学・経済学部ワーキングペーパー, Vol.48, pp.1 - 52(2005)
  2. "セル生産における人的資源管理と成果", 咲川 孝, 2005年度・組織学会研究発表大会・報告要旨, pp.123 - 126(2005)
  3. "人的資源管理と操業的・財務的成果に関する理論的モデル日本製造業の事例に基づいて", 咲川 孝, 2004年度・組織学会研究発表大会・報告要旨, pp.289 - 292(2004)
  4. "HRM Practices and Work Organizations in the U.S. and Japan: Myth and Reality", 咲川 孝, 新潟大学 経済論集, Vol.75, pp.67 - 107(2003)
  5. "キヤノンの競争力", 咲川 孝, 日本製造業の競争優位 (科学研究費補助金研究成果報告書), pp.59 - 71(2002)
  6. "Organizational Culture and Innovation: Theoretical Modeling and Statistical Testing", Sakikawa, Takashi, 新潟大学経済論集, Vol.62, pp.27 - 67(1997)
【著書】
  1. "平成11~13年度科学研究費補助金 研究成果報告書「日本製造業の競争優位」", キャノンの競争力(2002), 担当部分:13
  2. "北米日系企業の経営", 岡本康雄編, 同文舘(2000), 担当部分:23
  3. "組織文化とイノベーション", 咲川 孝, 千倉書房(1998), 担当部分:300
  4. "組織文化の経営学", 高橋伸夫編, 中央経済社(1997), 担当部分:30
PAGE UP