VwMOT vO/{l /u`Tv FAQ Cf wf[^ Cxg/Z~i[ nAgu MOT { wEw

[非常勤講師]

唐木 宏一
事業創造大学院大学 事業創造研究科 教授
唐木 宏一 Karaki Kouichi
早稲田大学政治経済学部政治学科卒業
一橋大学大学院商学研究科博士前期課程修了(修士(商学))
一橋大学大学院商学研究科博士後期課程修了(博士(商学))
蟷旭羔箙圓貌社し、支店での13年余りの融資渉外業務を通じ、与信や企業財務等にかかわる知識技能を身につける。同社退社後、一橋大学大学院商学研究科にて「企業と社会」「金融と社会」を研究し、修士(商学)、博士(商学)学位取得。修了後は大学非常勤講師や、社会起業家、NPOなどの支援育成に携わるほか、個人研究所(社会的金融研究所)を設立し、論文等を執筆、発表。
2005〜2011 特定非営利活動法人ソーシャルイノベーションジャパン シニアフェロー
2005〜2006 NGO専門調査員(非常勤)として外務省と契約(特定非営利活動法人 ブリッジ エーシア ジャパンの能力開発に従事)
2008 独立行政法人中小企業基盤整備機構 ナレッジアソシエイト
多数の民間企業における幹部研修講師
【論文】
  1. 学位論文
  2. 修士(経営学):「ファッション産業のライセンスブランド戦略」慶應義塾大学
  3. 論文
  4. 1.「「オルタナティブな銀行の社会的な融資―コミュニティ・デベロップメント・バンクについて―」『一橋論叢』第128巻第5号 pp550-566 2002年 単著
  5. 2.「NPOと資金、ファンドレイジングにかかる議論と考察―NPOに求められるもの―」『社会・経済システム』第24号 pp119-129 2003年 単著
  6. 3.「NPOと社会サービス―とくに交通サービスを提供するNPOを中心に―」『運輸と経済』2004年8月号 pp13-20 2004年 共著
  7. 4.「社会的責任投資としてのコミュニティ・インベストメント:金融排除と金融機関」『社会・経済システム』第25号 pp125-131 2004年 単著
  8. 5.「オルタナティブな金融「ソーシャル・ファイナンス」―注目されるソーシャルビジネスの発展のために」『NPOジャーナル』第22号 pp20-25 2008年 単著
  1. 6.「CSR金融とソーシャルバンク」『季刊個人金融』Vol3.No3, pp37-47 2008年 単著
  2. 7.「アメリカのコミュニティ投資と個人金融−新たな「金融論」の構想」『ゆうちょ資産研究』第18巻,pp71-93 2011年 単著
  3. 8.「米国コミュニティ開発銀行のビジネスモデルを考える」『月刊New Finance』Vol43-9 2013年 単著
  4. 9.「マイクロクレジット:ノーベル賞以後の話題と現在」『月刊New Finance』Vol43-3 2014年 単著
  5. 10.「モバイルマネー、電子通貨の途上国での拡大」『月刊New Finance』Vol43-9 2014年 単著
  6. 11.「移民労働者の金融インクル―ジョン」『月刊New Finance』Vol43-10 2014年 単著
  7. 12.「送金における金融インクルージョンの考察」『季刊個人金融』Vol10.No1,pp57-66 2015年 単著
  8. 13.「アメリカの地域開発VCファンド」『月刊New Finance』Vol44-5 2015年 単著
  9. 14.「ソーシャル・インパクト・ボンドの「論点」-活用のための前提を考える」『事業創造大学院大学紀要』第7巻第1号 2016年 単著
【著書】
  1. 1.『ソーシャル・エンタープライズ:社会的企業の台頭』共著(担当:第5章、第7章) 中央経済社 2006年
  2. 2.『ソーシャル・アントレプレナーシップ―想いが社会を変える』共著 NTT出版 2007年
  3. 3.『SRIと新しい企業・金融』共著(担当:第9章、第10章) 東洋経済新報社 2007年

日本経営学会、社会・経済システム学会、組織学会、生活経済学会

PAGE UP