VwMOT vO/{l /u`Tv FAQ Cf wf[^ Cxg/Z~i[ nAgu MOT { wEw
Vol. 13 '09年度入学 '10年度修了
アドバンエンジ株式会社 製造部 グループマネージャー 
武藤 浩二 さん
テクニカルビジッドでは、様々な業界の方からも話が伺えました(2010 技術連携戦略)

テクニカルビジッドでは、様々な業界の方からも話が伺えました(2010 技術連携戦略)

■MOTに入学をされた動機やきっかけとは。
 技術者として働いてきて、ものづくりを通して良いものを安く提供することが使命であると考えてきました。しかし、ここ最近の激しい競争のなかで、良いものであっても売れない、そして必死にコストダウンしても市場のもとめる価格についていくことが困難になってきました。
 日本の製造業の将来に明るい光が見えない中で、「社会人としての生き残っていくヒントを与えてくれる」、そして「モチベーションを高めてくれる」この思いからMOTに入学しました。

■目標は。
 「自律的に自分で判断して環境に適応していく力」を身につけることです。このため以下の能力の習得が必要になると思いました。  
 理論を通して現実を見て、現実のよりよい理解を可能にする力、自信、覚悟、意思決定力、勉強する習慣。
 自分の頭で考える力としての知恵と最後は自分で答えを出す力

■MOTの魅力
 新潟大MOTには様々な背景をもつ先生がいます。ものの見方やとらえ方がそれぞれ異なるため、多くの刺激を受けます。さらに自身の努力により理想に近づけると思います。

 エンジニア、営業、人事、財務、経理といった様々なバックグランドを持つ、様々な業界出身の社会人経験者に標準的な学問を教えています。それぞれの科目の水準は、その分野の専門家から見た場合、決して高いわけではないと思います。
 しかし、自分の専門分野以外のさまざまな分野について、少なくとも最低限の知識を持ったバランスの取れた人材を育成しています。ビジネスでの経験が役に立たない環境になるほど、対象を突き放して分析的に理詰めで考えるアプローチが有効になってきます。理論やケーススタディを通して、ビジネスの普遍的な能力を身につけることができます。どの講義も聞き流すだけのものではないので、自分の頭で考える力を養えます。

■復習or予習はどう取り組んだのか?
 予習はあまりしませんでしたが、ハンズアウトなどは会社内でお昼休みに読むことが多いです。予習というより発表用のプレゼン資料とかは、授業のない日に会社で定時後作成します。会社でやるのと家でやるのでは集中力が2倍は違います。レポートなどは土曜日にまとめてやりました。A4レポート1枚に30分以上かけないようにして、集中してやります。10枚でしたら5時間以内に終わらせます。レポートは感じたままに書いているような状態です。後で読み返すと訂正した方がよかったと思うこともありますが、授業中に考えていたことが蘇り、自分の思考の変化を楽しめます。先生方のご推薦される書籍などは日曜日にたまに読みます。読みきれなくて、いまもストックが5冊ほどあります。しかしどれも良書です。この学校に入学していなかったら出会えなかった本ばかりです。


■WEB講義の利用について
 4〜5回利用させて頂きました。出張で出席できなかった時と大雪で五十嵐まで行くのが大変だった時です。リアルタイムでも受講でき、チャット機能もありますので、教室と変わらない状況で受講できます。授業のお手伝いをしている工学部の学生がしっかりしていて、スライド、板書と先生を上手に切り替えてくれます。家でリラックスした状況で聞けるので、これもまたありだと思いました。


■入学を考える方へのメッセージ
 社会人だからといって、勉学は終わりではないのだという事です。これからの競争社会では、企業に属しその中で仕事をこなすだけでは、周りに差をつけるキャリアアップは難しいと考えられます。時間をうまく遣り繰りし、自己投資に掛ける出費は惜しまず、前に立ち向かっていく姿勢が必要です。
 本来、学びとは受験勉強や資格取得の時のように、我慢しながら学んだり、「もう勘弁して!」と嘆きながら学ぶものではありません。子供が絵本の物語の面白さに夢中になるように、すごく楽しいことのハズです。何か功利的な目的の為に学ぶようになってから、学びの楽しさを忘れてしまったようです。仕事上も生活面でも閉塞感の漂う平成の今、「江戸の寺子屋」の子供たちのように、
 あなたも、童心に帰って、学ぶ楽しさを思い出してみませんか。
 これからの時代への社会人としての生き方を学校で学びましょう。

1年間の履修科目(2009年度)
前期(1期)
月 経営組織I
火 R&DマネジメントI
水 プロジェクト演習I

金 経営戦略I/ものづくり戦略論I(隔週)
土 ナレッジ・マネジメントI/リスク・危機管理I

後期(2期)

火 R&DマネジメントII
水 プロジェクト演習I

金 経営戦略II/ものづくり戦略論II(隔週)
土 新技術評価

*比較的余裕のある前期に集中して選択したり、土曜日や集中講義を選択するなど、仕事と学びの両立を図りました。

受講生の声INDEX
Vol. 42 ’12年度入学、現在2年次生
元、半導体メーカー製造部門勤務 / Y・K さん
Vol. 41 2012年度入学、現在2年次生<企業派遣>
株式会社ダイヤメット 本社・新潟事業所  / 柳川 弘毅 さん
Vol. 40 2011年度入学、現在2年次生(長期履修生)
株式会社とまつ衣裳店 代表取締役 / 戸松 茂雄 さん
Vol. 38 '10年度入学 '11年度修了
北越紀州製紙株式会社 生産管理 / 野村 英幸 さん
Vol. 37 '06年度入学 '07年度修了 
大手電機メーカー / 黒河 英俊 さん