VwMOT vO/{l /u`Tv FAQ Cf wf[^ Cxg/Z~i[ nAgu MOT { wEw
Vol. 30 '08年度入学 '09年度修了
別業界への転職、さらには会社の経営
横山建設(株)、(社)五泉青年会議所理事長
横山 昇 さん
高梨先生には熱心にご指導頂きました。

高梨先生には熱心にご指導頂きました。

■経営知識を知り得たことが、進むべき人生に大きなプラスに。
 MOT入学後、縁あって、これまでとは違う業界、しかも、会社の経営に関わる業務に携わることになりました。全く経営の知識の無かった私にとっては、経営の基本である会計、マーケティング、経営理論、人的資源管理論、経営戦略など、全ての物事を考える柱となるものをMOTで学べたことが強みとなりました。
 今はまだ、これらの知識を得ただけの段階ですが、ある程度の基本を知り得たことは、今後進むべき道において大きなプラスになったと考えています。

■会社や家族の理解や協力あってこそ。
 何かを得れば何かを失うのは仕方のないことだと思います。実際入学すれば授業だけではなく、帰宅後もレポートや調査などで相当な時間を費やさなければなりません。自分自身はやりたいことをやっているので問題はありませんが、会社や家族に対しては、その理解を得る必要があると実感しました。
 普段から心がけていたのはそれらに対し感謝の気持ちで接することでした。私の場合は周りが理解のある方ばかりでしたので本当に感謝しています。

■実践的な演習は刺激的でした。
 プロジェクト演習は、1年間を通して、それぞれの個人が掲げた課題を調査しその打開策をまとめることを目的とした講義です。基本は生徒1人に対して先生3人がサポートしてくれるのですが、この演習では同学年が同時に集まるため、それぞれの生徒をサポートする先生方も一堂に集まります。そのためそれぞれの専門分野の教授をはじめ、企業コンサルタントや大手企業在職の先生方、異業種の一線で活躍されている生徒達との意見交換や討論を交えることができ、普段とは違う大きな刺激を受けました。

■修了をして、また違うスタートラインに立つことができました。
  新潟大学MOTで習得できたものは、授業からだけではなくその人の考え方次第で無限なものでした。修了をした今、入学前とは全く違ったレベルのスタートラインに立てたと感じているのは、修了生のなかで私だけではないはずです。

■演習がある日の一日スケジュール
06:30 起床 朝は毎日しっかりと朝食をとり、新聞とテレビで情報収集を心がけています。
07:30 出社
17:00 退社 早めに退社し学校へ。学校まで車で約1時間かかります。
講義で発表がある日はこの時間を利用し、運転しながらもイメージトレーニングしています。
18:05 授業 講義『プロジェクト演習ll』この日は課題の中間発表でした。
様々な意見を頂き大変参考になりました。
21:15 終業 学校から自宅までも車で約1時間かかります。気分転換のため、よく音楽を聴きながら帰宅します。
22:15 自宅着 食事をしながら家族団らんの時間。私にとっては、とても重要な時間です。
11:30 入浴 入浴後講義の課題整理
00:30 就寝

■教員との共同事業や研究

2011/05/12 (社)五泉青年会議所主催で、長尾准教授(MOTマーケティング担当)に「地域ブランド・マネジメント」のご講演を頂きました。

>>地域連携事業ページへ
http://www.mot.niigata-u.ac.jp/collaboration.php?id=4e2632d664c59

■備考

≪経歴≫
大学卒業後、大手重機メーカの販売営業として6年在職、その後は中国に留学し2年滞在したのち、東証1部上場企業の東京本社海外営業部で3年在職の経験を持つ。
新潟に帰省後、現在は新潟県五泉市の横山建設株式会社に在籍。

社団法人五泉青年会議所 理事長
■五泉青年会議所の活動はこちら http://www.gosen-jc.com/index.html
受講生の声INDEX
Vol. 42 ’12年度入学、現在2年次生
元、半導体メーカー製造部門勤務 / Y・K さん
Vol. 41 2012年度入学、現在2年次生<企業派遣>
株式会社ダイヤメット 本社・新潟事業所  / 柳川 弘毅 さん
Vol. 40 2011年度入学、現在2年次生(長期履修生)
株式会社とまつ衣裳店 代表取締役 / 戸松 茂雄 さん
Vol. 38 '10年度入学 '11年度修了
北越紀州製紙株式会社 生産管理 / 野村 英幸 さん
Vol. 37 '06年度入学 '07年度修了 
大手電機メーカー / 黒河 英俊 さん