VwMOT vO/{l /u`Tv FAQ Cf wf[^ Cxg/Z~i[ nAgu MOT { wEw
Vol. 25 '08年度入学 '09年度修了
会社に新しい風を吹き込みたい。
上野住宅建材株式会社
上野 美紗 さん
会社に新しい風を吹き込めればいいですね。

会社に新しい風を吹き込めればいいですね。

建築資材という仕事のなかで学ぶ個々の技術をどう経営に生かしていくのか、課題は多い。

建築資材という仕事のなかで学ぶ個々の技術をどう経営に生かしていくのか、課題は多い。

■入学のきっかけ
 現在は会社の常務取締役として、経営や営業までも担当をしていますが、学生時代は建築業界で働くとは思ってもみませんでした。東京で英文学を学んでいた大学3年生のとき、社長だった父親が重い病気になり、初めて一緒に働いてみたいと思ったのです。しかし、建築業界は男性中心の社会。最初のうちは経験不足もあって、現場の人と話をしてもなめられることもあり、経営についての知識がないことにもコンプレックスを感じることが多くなり、学びたい気持ちが強くなりました。
 そんなタイミングで、ワイナリーをつくろうとしている知り合いからMOTの話を聞きました。その方は、新潟大学MOTの1期生で、「講義は面白く、いろいろな人に会えるのが貴重な経験だ」と、色々と話しをしてくれたことがきっかけとなり入学を決意しました。
  
■実際に学んでみての苦労。
 仕事を終わらせ、夕方6時からの講義、自宅でのレポート作成。
提出期限が重なれば朝4時までレポートを書いてから出勤することもありました。入学前には何とかなるだろうと思っていた仕事との両立は、思っていたよりも大変でした。くじけそうになった時、大学で同級生を見ると誰もが大変そうでしたし、同じ気持ちの仲間と励まし合うことで、乗り切ることができたと思います。
 
■得られた事ことは、想像以上に大きかったです。
 MOTで学んで、異業種の人と話をする機会を増え、視野が広がりました。講義では他の企業のことを学ぶと、それを自分の会社でも取り入れられないか?と、先生と相談し、自分の会社に対する客観的な見解を得ることもできました。
 自分が得た仕事への熱意はもちろん、理論に裏打ちされた知識が、仕事における大きな武器になることを実感しています。
 
 最初は何事も焦りすぎていたような気がします。自分一人だけ先を走っても、会社の成熟度が足りなければ意味がないと感じ、社員の全体研修もスタートさせました。14人いる社員と一緒に横一列で走りたいと思うようになりました。
受講生の声INDEX
Vol. 42 ’12年度入学、現在2年次生
元、半導体メーカー製造部門勤務 / Y・K さん
Vol. 41 2012年度入学、現在2年次生<企業派遣>
株式会社ダイヤメット 本社・新潟事業所  / 柳川 弘毅 さん
Vol. 40 2011年度入学、現在2年次生(長期履修生)
株式会社とまつ衣裳店 代表取締役 / 戸松 茂雄 さん
Vol. 38 '10年度入学 '11年度修了
北越紀州製紙株式会社 生産管理 / 野村 英幸 さん
Vol. 37 '06年度入学 '07年度修了 
大手電機メーカー / 黒河 英俊 さん