VwMOT vO/{l /u`Tv FAQ Cf wf[^ Cxg/Z~i[ nAgu MOT { wEw
Vol. 11 '07年度 科目等履修生 '08年度正規入学 '09年修了
科目等履修生でも『技術と経営の融合』の必要性を実感。

早川 大輔 さん
■最初「科目等履修生」として講義を履修した感想は。
 知識を覚え、すぐに実践として使える内容が多い講義でした。理論的になりがちなこれまでの学校の講義とは違い、学べる内容がとても新鮮でしたし、MOTでの講義内容は、自分が社会人に復帰した時にすぐに使えると確信できるものでした。

■教員や他の学生との関係はいかがでしたか?
 自分は科目等履修生だということを忘れる程、MOTの学生さんと溶け込んでお話しでき、いつも本当に楽しい時間でした。講義の後は、よく飲みに行き遅くまで語り合いました。何よりもそれぞれに個性があり、夢に向かって頑張っている仲間に刺激されました。教員の方々には、学問問わず様々な相談にも気さくに乗って頂きましたよ。

■科目等履修生終了後、すぐに正規生として入学を決意された理由は?
 もともと文系の知識や視点しかなかったのですが、MOTを学び始めてから何か新しいことを生み出すには文系的な学問だけではなく、ものが作り上げられるまでの技術や知識も必要だと考えるようになり自然と入学を考えるようになりました。新入生ではありながらも、入学以前から教員や学生の方々、施設などを知っていたので、とても馴染み易かったです。
 また、科目等履修生の時は、毎週秋田から新潟まで通学をしていましたが、その後は新潟に引っ越しました。

■学びの環境はいかがでしたか?
 一番は、院生専用の自習室が24時間いつでも使えたことです。パソコンも借りられますし、コピーも自由に使用できるのがいいです。MOTに関する豊富な雑誌が随時そろっているのもありがたかったです。
 また、講義が常に少人数制なので、分からないことでもすぐに聞けますし、1人の学生に3人の指導教員の先生がサポートしてくださったのは、心強かったです。1学年が20名で、何よりも先生方や助手の方との距離も近くてアットホームな感じでした。
 また、大学の学食が安くておいしいのが良かったです。夜の講義の前によく食べに行ったのですが、バイキング方式の学食には助かりました。

■これからの夢を聞かせてください。
 地元の秋田にはいい場所・食べ物がたくさんあるのです。どんどん外にアピールして秋田の活性化に一役立てられることが夢ですね。

■備考

秋田県出身。北海道情報大学経営情報学科卒業。
 大学では「ブログが社会に与える影響」というテーマで研究。
卒業後は呉服業界に就職。営業を通じてお客様への商品提供の難しさを実感するが、会社の経営方針に疑問を持ち始め退職。
 その後、新潟大学に通う身内から新潟大学MOTの「科目等履修生」のことを聞く。何か新しく始めるため前に、大学でまずは学んでみようと、2007年科目等履修生として新潟大学MOT入学を決意。
 
 履修科目は「マーケティング」と「リスク・危機管理」。
 その後、より学んでみたいと思い、2008年から入学を決意。2009年に修了。
受講生の声INDEX
Vol. 42 ’12年度入学、現在2年次生
元、半導体メーカー製造部門勤務 / Y・K さん
Vol. 41 2012年度入学、現在2年次生<企業派遣>
株式会社ダイヤメット 本社・新潟事業所  / 柳川 弘毅 さん
Vol. 40 2011年度入学、現在2年次生(長期履修生)
株式会社とまつ衣裳店 代表取締役 / 戸松 茂雄 さん
Vol. 38 '10年度入学 '11年度修了
北越紀州製紙株式会社 生産管理 / 野村 英幸 さん
Vol. 37 '06年度入学 '07年度修了 
大手電機メーカー / 黒河 英俊 さん