VwMOT vO/{l /u`Tv FAQ Cf wf[^ Cxg/Z~i[ nAgu MOT { wEw
Vol. 22 ’07年度入学 ’08年度修了
自分の技術や知識を広い視野から検証したい
日本精機株式会社 R&Dセンター開発部
中原 剛 さん
最先端の技術を扱う自分の仕事を、経営という視点で眺めることで、目標設定がより的確になりました。

最先端の技術を扱う自分の仕事を、経営という視点で眺めることで、目標設定がより的確になりました。

2009年の修了式。西口研究科長、下條新潟大学学長と。

2009年の修了式。西口研究科長、下條新潟大学学長と。

■現在の業務
 自動車のフロントガラス越しの空間に浮かぶディスプレー(ヘッドアップディスプレー)を開発しています。これは開発系のなかでも、次世代のその先といわれるものです。長岡工業高等専門学校入学以来、ずっと技術系の道を歩み、今まさに先端技術の世界にいましした。

■MOTで学んだ成果は。
 興味をもって取り組んでいる仕事を、儲かる儲からないことに結び付けていくことや、1つずつ集中してきたことをつながりとして考えられるようになりました。
 在学中は、勤務地である長岡市から新潟市へ通学するだけでも大変なうえ、会社では自分のグループを率いるポジションにいたので、時間のやりくりなどで、スタッフに対して気がひけることもありました。さらに、夜遅くまでの勉強や、文字量が多くの形式も異なる文系のレポート書きにも戸惑いも多く、既婚者という立場で学費を払うのも負担でした。
 しかし、学ぶことに対する目的意識がはっきりしていなかった学生時代と違い、MOTでの講義やレポートに対して高いモチベーションが保てたことが、そういう大変さを払拭してくれたと感じています。
 
■入学を迷っている方や考えている方へ
 職業をもちながらも、学びたいと思っている人は多いのではないでしょうか?思っていながらも、迷ったり躊躇している人もいるでしょう。
 実際にMOTに来てみると、さまざまな境遇の学生や先生方、学内でも学外でも、いろんな人に会うことができます。それはとても有意義なことだし、楽しいことです。自分で課題をもっているのなら、思いだけで終わらせず、きっかけをつかんで動いて欲しいと思っています。

■備考

中原さんは、2012年度募集版の研究科案内にも掲載されています。
受講生の声INDEX
Vol. 42 ’12年度入学、現在2年次生
元、半導体メーカー製造部門勤務 / Y・K さん
Vol. 41 2012年度入学、現在2年次生<企業派遣>
株式会社ダイヤメット 本社・新潟事業所  / 柳川 弘毅 さん
Vol. 40 2011年度入学、現在2年次生(長期履修生)
株式会社とまつ衣裳店 代表取締役 / 戸松 茂雄 さん
Vol. 38 '10年度入学 '11年度修了
北越紀州製紙株式会社 生産管理 / 野村 英幸 さん
Vol. 37 '06年度入学 '07年度修了 
大手電機メーカー / 黒河 英俊 さん