VwMOT vO/{l /u`Tv FAQ Cf wf[^ Cxg/Z~i[ nAgu MOT { wEw
Vol. 34 '10年度入学 '11年度修了
忙しくて、大変で、そして楽しい。
新潟工科専門学校講師
岡野 康弘 さん
私が担当しているのは、微生物実験や醸造実習などです。醸造実習では、清酒や焼酎、ワインを実習で造っています。

私が担当しているのは、微生物実験や醸造実習などです。醸造実習では、清酒や焼酎、ワインを実習で造っています。

■MOTを学ぼうと思った理由は?
 私の職場は、ものづくりをやっている訳ではありません。しかしながら、工業系の専門学校に勤めているので、様々なエンジニアの方とつながりがあります。バイオ、建設、測量、建築設備と各方面のエンジニアの方と話していて実感するのは、好むと好まざるとに関わらずグローバルな環境が訪れて、技術だけで勝てる時代は過ぎ去ったということ。できれば、これらエンジニアの方たちの一助となることが提案できるようになりたいと思いました。また、社会がそのように変化している中で、送り出す学生にも技術を学ぶ手助けだけではなく、経営を意識する心を身につけてもらいたいとも思いました。そんな時に、技術経営研究科のMOTコースを知りました。

■入学後、何か変わった事はありますか?
 入学前の生活と変わったことは、「1週間が過ぎるのが早い」こと。本来の就業時刻は17時30分なのですが、職場の理解もあって本学に通う日は17時前に仕事を終わらせて、早退分は累積で有給休暇消化という扱いにしてもらいました。しかし、仕事の量が減る訳ではないので、週に2〜2.5日程度通うのがやっとでした。それでも、昼間に仕事、夜間は大学、課題があれば週末に時間を割く、という生活を送ってみて感じたのは、本当に時間が経つのが早いことでした。あっという間に、1週間が終わります。とにかく走り続けるしかないので、前半の1期も矢の如く過ぎ去り、気づけば1年間が終わっていました。
 ここで学ぶようになって、時間にゆとりがある時と、忙しい時とのメリハリを意識するようになりました。時間に余裕を感じることができる時に、課題やレポートを消化していきます。仕事においても無意識に、緊急性の低い業務の先送りを無くすようにしていたのかも知れません。もっと時間があったらいいなとは思いつつも、ほとんど遅れることなく授業に参加できています。

■得られたものは?
 先ず、人のネットワークです。講義の先生や、様々な業界業種から来ている学生同志のネットワークができました。皆さん、専門とする事項、これまでの経歴や業績がそれぞれ異なるので、考え方も多様です。仕事で活用できるつながりもあります。この人のネットワークは、入学しないと得られなかったでしょうね。ここで得られたネットワークは、おそらく一生の宝になると思います。
 そして、経営学から学んだこと。MOTで学んだ内容は、起業や経営管理、製品開発や人材マネジメント、顧客との関係づくりや商品プロモーションといったことに役立つでしょう。しかし、もっと身近な家庭、職場、地域で、もっと上手く人と付き合う知恵や、今 起きていることの多角的なものの見方をも教えてくれます。経営学は、「より良く生きる」ための考え方も教えてくれるようです。

■そして、楽しむ
 仕事を終えてから学ぶ、というのは大変なことなのかも知れません。少なからず日常生活や心身に負担をかけるのかも知れません。しかし、やってみて思うのは、これが楽しいことです。新たに考え方を知ること、それまでに無かった見方ができること、異業種の学友と交流すること、新鮮で、そして楽しいです。1日、1週間、1年という時間の制約の中で、1つの仕事が完了した時、勉強に区切りがついた時の充実感も、それまでには無かったものを味わっています。
 あまり前評判をしてしまいますと、感動が薄れます。後は、是非皆さんに、この楽しさと充実感を味わってもらいたいと思います。

■教員との共同事業や研究

○研究論文を「日本ベンチャー学会」にて学会発表。
第14回日本ベンチャー学会(2011年11月26日、27日(日))
にて、研究論文を発表。市場シェアの大きい企業と小さい企業から送り出される開発商品のその後を運命づけるイノベーションの特徴を明らかにすることを目的に、調査・研究を行い、その研究論文を発表。本研究科高山誠教授(「経営戦略」担当)にご指導を頂きました。
受講生の声INDEX
Vol. 42 ’12年度入学、現在2年次生
元、半導体メーカー製造部門勤務 / Y・K さん
Vol. 41 2012年度入学、現在2年次生<企業派遣>
株式会社ダイヤメット 本社・新潟事業所  / 柳川 弘毅 さん
Vol. 40 2011年度入学、現在2年次生(長期履修生)
株式会社とまつ衣裳店 代表取締役 / 戸松 茂雄 さん
Vol. 38 '10年度入学 '11年度修了
北越紀州製紙株式会社 生産管理 / 野村 英幸 さん
Vol. 37 '06年度入学 '07年度修了 
大手電機メーカー / 黒河 英俊 さん